太陽住宅で自由設計|住宅プロおすすめの暮らしを快適にする方法

広くする工夫

家の模型

敷地面積や価格

大阪市は西日本最大規模の都市で、その分地価も高めとなっています。そのため昨今の大阪市では、敷地が比較的狭い戸建て住宅が増えています。狭ければ、それだけ購入にかかる費用が少なめとなるため、売れ行きが良くなるからです。大阪市で特に多いのは、130平米ほどの敷地に建築した戸建て住宅です。全国の戸建て住宅の敷地面積の平均は約260平米なので、それと比較すると狭いと言えます。しかし建ぺい率を高めることで建物を大きく広くするといった工夫が凝らされているので、延べ床面積は100平米強と、全国平均に近いものとなっています。つまり敷地は狭くても、屋内の空間には十分な広がりがあるということです。また空間をさらに広げるための、デッドスペースの活用も積極的におこなわれています。たとえば階段下に納戸を設けたり、階段の1段1段をタンスのような引き出しにしたりといった具合です。部屋の間仕切りを透明な強化ガラスにすることで、広く見せている戸建て住宅も多くあります。さらに、1階の一部がガレージとなった、ビルトインガレージタイプの戸建て住宅も多く建てられています。敷地が狭くても自家用車などを駐車することができますし、ガレージの上が部屋となっている分、延べ床面積が広いので人気があるのです。こういった工夫から大阪市では、地価の高さの影響をそれほど受けずに戸建て住宅を購入することが可能となっています。具体的には大阪市全域での平均価格は、全国平均と同等の約3500万円なのです。